exa-ai-puri-rafi-kaho

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンマーナイフの治療 11月20日〜22日

<<   作成日時 : 2017/11/27 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2010年にMRを受けて髄膜腫が出来ているのが判っていたのですが小さく
初めのうちは様子観察で半年ごとに検査その後1年ごとにMRを撮っていました。
今年の6月から左目の焦点が定まらず気になって2カ所の眼科を巡って検査してもらっても正常との事でした。
突然車を運転している時1〜2秒左目の視野が狭くなり 怖くなって眼科を受信しました。
視野検査をしても異常がないという事で今かかっている○赤十字病院の眼科を紹介してもらい受診しましたら
これは脳外科に言った方が良いという事で(前々から脳外の先生に目に異常が出たらすぐ来るように言われていたのですが・・・)即主治医の先生に診てもらい 今のうちならガンマーナイフの治療が効果があるという事で
紹介状を書いてもらい○隈病院の木田先生にお願いすることになりました。
ママの事 まずは旅行が優先される人
先ず予定通りニューカレドニアに行き 帰ってきて次の日に入院という計画書を作成してもらいました。
といっても午前中暇だからEOS学園に行き その後早退して1時から入院
採血 採尿 心電図 レントゲン検査 造影MRI
2日目
am8時から点滴と筋肉注射(麻酔入り) 8時半から治療室に入り少し眠くなる注射をされ
頭に4カ所のピンをうちフレームを装着

画像



怖がりのママにはこの処置が1番恐ろしかったのですが寝ている間に装着され
起こされた時には何の痛みを感じることなくガンマーナイフ室に
クラシック音楽が流されリラックス出来
マイクで先生や看護婦さんが声掛けして下さって

pm1時20分で終了しました。途中腰が痛いというとタオルを入れて下さったり

画像


放射後1時間は安静にしてその後病院内をウロウロして
夕景が綺麗でスマフォで

画像


脳幹に近いためそれほど強い放射はされず2〜3年で徐々に小さくなっていくと言う事です。
現段階では7cc(7立方cm)です。
神経が集中しているので外科手術でもしも神経に傷でもつけたらと恐ろしくて。。。。
まあダメもとといった軽い気持ちで過ごすことにします。
いつかもっといい治療法が出来るかもわかりませんのでいつものごとくプラス思考で行きます。 

病院での出来事ですが 老人病院ではないのですがほとんど手のかかる患者さんばかりで
転移してきた人 リハビリ と介護士さん 看護婦さんの労働に本当に頭が下がります。
半ボケの人 暴言を吐く人 暴力様々ですが皆さん優しく対応されているのには驚きです。
ママは最初から個室 特別室をお願いしていたのですが 手違いでオムツのを付けた人ばかりの4人部屋に入れられることになったのです。初めは部屋に入るやその悪臭に閉口したのですが時間が経てば慣れるもの
その中で美味しいとは言えない病院食を食べることも出来 

画像

しかし頭の中では帰る時にあそこのあれを食べようと食欲がおおせいでした。
開店時間まで待って美味しく頂いてきました。

画像


22日予定通り退院して次の撮影に夢を膨らませています。

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大したことがなくて良かったですね。
医療は日進月歩です。安心してください。
それにしてもママはたくましい近いうち一緒にどこかいきたいですね。
スギさん
2017/12/04 12:32
麻酔が効いていなかったら騒いで大変だったと思いますがお蔭さまですぐ効いてくれたので恥ずかしい思いをすることなくすみました。たくましいのでなく全く痛みもなかったからです。筋肉りゅうりゅうではありませんよ(>_<)
撮影に一緒に同行させてください。
exa-aiまま
2017/12/04 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンマーナイフの治療 11月20日〜22日 exa-ai-puri-rafi-kaho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる