exa-ai-puri-rafi-kaho

アクセスカウンタ

zoom RSS 蕎麦の花をもとめて開田高原へ 8月19日

<<   作成日時 : 2018/08/20 23:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前日から行ってと思いながら 華歩さんを連れていくとなると早朝出かける方がいいのでは・・
早朝2時に出発して開田高原に4時半に到着
前日から星を撮っている人の車が数台泊まっていました。
わが家を出る時は曇っていて星は見られず 道中も見られなかったのですが・・

5時過ぎに少し明るくなってきて 外の気温18度 別世界です。

画像


今一番いい状態の様子
数年前はコスモスが植えられて良いアクセントになっていたのですが

画像


誰もいなくなって自由にできたのですが5時半過ぎからどんどんカメラマンが増えてきました。

画像


画像


画像


画像


雲がかかって見えなかった御岳山が見えだしました

画像


場所を移動して

画像


画像


画像


画像


画像


光がさしてきました

画像


画像


画像


華歩さんと周りをお散歩して 朝ごはんを食べさせ

画像


まだ7時半
木曽馬の里に行こうとしたら 東京のヒロトラベルの社長と出会い
am2時半に現地に到着して お客様さんと写真を撮っていたという
クロアチア以来の2年ぶりの再会でした。
木曽馬が8時半から 華歩さんに美味しいとうもろこしソフトクリームを食べさせてあげようにも10時開店
では ここから30キロの所の夏の『自然湖』でもと思い車を走らせ
道中道の駅で開田高原のトウモロコシを買い込んで 王滝村に行ったのは良いのですが
あと5キロの所で土砂崩れの為に通行止めに遭い

松原のスポーツ公園で華歩さんとお散歩
ここは御嶽山の噴火で亡くなられた方の慰霊碑が建てられていました。
涼しくてうれしそうな華歩さん

画像


19号線に出ようとしたら空き地に夏水仙が(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)

画像


画像


これとよく似た花でタヌキノカミソリがあるのですが夏水仙との違いが縦に線があるかないか
これもヒガンバナ科 ヒガンバナ属( 本名がリコリス・インカルナタ)
この前がオオキツネノカマキリ これにもキツネノカマキリがあるのです。
違いがシベの長さで キツネとタヌキの化かし合い!(^^)!・・・・・面白い

画像


女郎花が咲き乱れ

画像


画像


画像


フシグロセンノウ(ナデシコ科 センノウ属)

画像


皆から聞いていたお蕎麦屋さん『一竹(いちく)』でランチを

画像


5年ぶりに阿寺渓谷に
夏休みとお盆休みの延長か
マイカー規制がひかれ(9月2日まで)シャトルバスでしか行くことが出来ません。

華歩さんはエアコンをつけて車に置いて行かなくてはならないのです。
小型犬はケージに入れて乗ることが出来るのですが・・・

画像


画像


画像


画像


昔に比べてエメラルドグリーンの水の色が薄くなって人の多さに写真を撮る気も起らず
車に残した華歩さんも気になり早々に引き帰ってきました。
車は多かったのですがひどい渋滞にも合わずpm5時過ぎに家に戻ってきました。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蕎麦の花をもとめて開田高原へ 8月19日 exa-ai-puri-rafi-kaho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる